【ニコニコミュニティ】みさおの部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまらない話

客観的ってなんだろなって最近ちょくちょく考える。

客観的-特定の立場にとらわれず、物事を見たり考えたりするさま。

そして対義語の主観的は

主観的-自分ひとりのものの見方、感じ方によっているさま。

らしい。

例えばAさんとBさんとCさんが居るとする。
AさんはBさんがとても嫌い、殺意で気が狂いそうなくらい嫌い。
Bさんは別にAさんを好きでも嫌いでも無い、それどころか眼中にすら無いし名前を覚えてすらいないかもしれない。
Cさんはただの通行人、通行人AのCさん(通行人Bなど存在しないわけだが)。

とある昼下がり、どっかの道端でうっかりAさんとBさんが鉢合わせてしまった。
AさんはBさんが嫌いだから、たまたま持っていた白虎隊と彫られた木刀でBさんを殴打し殺そうとした。
Aさんは危機を察知し、咄嗟にたまたま持っていた果物ナイフで襲いかかってきたBさんを刺殺してしまった。いや、お見事。
そんな現場をたまたま通りかかったが為に見てしまったCさん。
AさんはCさんに問いかける。
「殺されそうになったから殺しました。これって先に明確な殺意を持って襲ってきこの人と渋々ながら自分の命を守る為に人を殺した僕とどっちが悪人ですかね?」
さあ、Cさんは考えなければならない。あくまで客観的に考えなければならない。何故ならCさんはただの事件の目撃者であるからで、舞台に群がる観客であっても劇を演じる役者では無いのだから。
しかし、ここで問題が発生する。
ここでどの様に考え、どの様な答えを出したところでそれはきっとCさんの客観的な主観でしかないのだ。
例えばCさんが襲ったAさんが悪いと結論付けたとする、しかしその3メートル後ろで見ていたDさん(新キャラ)は理由はどうあれ実際に殺したBが悪いと結論を出すかもしれない。
ほぼ同じ立場で見ていたにも関わらず何故違う結論になるのだろうか?
これは個人の歩んできた人生の経験、成功、失敗、トラウマなど様々なファクターに影響されているからだ。
そして、客観的な結論に影響を及ぼすこの様々なファクターこそが主観とも取れる。
つまり客観的な考えとは所詮人間個人の主観の集合体なのでは無いか、集合体ではなくとも客観的思考の成分に少なからず、あるいは多量に主観的思考は含まれているのではないか?
だとしたら自分という立場に縛られている人間には無理なのではないだろうか?
客観的な考えを出来るモノはPC(思考してるか怪しい)か神(そもそも神なんて偶像も人間個々人が生み出した主観の集合体であるのでは)という人の枠組みを超えたモノなのではないだろうか。

という下らない事を考えてたら西洋史の講義が終わってた。
スポンサーサイト

第3回名古屋帝国オフ

またもや名古屋行って来ました。
今回は釣りをしてきましたよ~!(釣れたとは言ってない)
めんどくさいからサラッと書きます。

今回の参加者は僕、浜崎、しっぷー、ラティちゃんでした。いつも通ですね。
犬山で釣りしました、僕は釣れませんでした。
マス美味かった(masu3rinは死んでどうぞ)
カラオケで浜崎が僕のスマフォを唾でべちょべちょにした。
大須でオタクショップまわった。
ポケセンはカス。
ヤゴ。

ざっと今回はこんな感じでした。
今回も参加してくれた浜崎しっぷーラティちゃんはありがとうございました。
次行く時はなんかもっと考えます。

大須

ケツランク!

最近色々な人と会い、その人のケツを触りました。
その感想を書きたいと思います。

いそきん
社会人だけあってそこそこカッチリしているが柔らかさも残っている感じがGOOD

おかしさん
やはり女の子なだけあってモッチリムッチリなアツアツボディでビンビンでした。

しっぷーちゃん
小さめの可愛いお尻がとってもキュートでハリがあり素晴らしい触り心地だった。

おふろくん
しっぷーちゃんのケツに類似していたが若さ故のあどけなさが残る穢れ無きケツだった(穢してしまったが)

垣谷
触り心地クッソ悪かった、もっと栄養取れ。

花火大会

垣谷と花火大会行きました。



久々の花火大会は楽しかったです。

あともうちょい計画を練ろうと思いました。

近況

時間の流れがとても早く感じます。
大学に入学して早3カ月、もう前期も終わると思うと自分の自由に振る舞える時間があと3年とちょっとしかないと嫌でも実感させられてしまいます。
そう前期も終わりです。
つまりテストがあります。
be動詞しかわからない英語となに言ってんのかわからない経済学が不安で堪らないけどなんとか生きます。

夏休みは予定がそこそこ入っているので暇はしそうにありませんが、バイトをしていないのでお金が足りるかとても心配です。
それでもやっぱり楽しみの方が心配より勝ってるので自分の人生も捨てた物じゃ無い気もします。
KOTOKOのライブや名古屋での虫取り、Twitter故人とお酒を飲みに行くのも楽しみで仕方ありません。
特に名古屋ではいつもお世話になってる浜崎さんとしっぷーさんとセミ取りが出来ると思うと心が踊るようです。

夏休みを夢想するのもいいですがやはり現実を見ないといけません、テスト頑張ります。
検索フォーム
ダメ人間
正直僕なんか比になんないくらいヤバイ人たち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。